サプリメント(アンチノール)

昨日、もふもふをかかりつけの病院に連れて行きました。
いつもの手足の痛みもそうですが、特にしっぽに触れたときの痛みが前より悪くなってると感じました。

他にも、抱っこしたときなどに後ろ足が「パコッ」と関節の音と感触がすることがあります。これはスコティッシュフォールドに見られる遺伝性の疾患(骨瘤・遺伝性骨形成異常症など)の症状の影響だろうとのこと。

このブログでもしばしば記事にしていますが、もふもふはこの遺伝性の疾患です。
ただ、歩けない、走れない、ということはありません。
もふもふは現在2歳、今は成長とともに筋力が多少は上がっているので、低いところであればジャンプもしますし、以前よりも少しジャンプ力がアップしているくらいです。

でも、ちょっと高い場所だと、今度は降りることができません。

というか、自分から無理に降りさせるわけにはいきません・・・^^;

ちょっとした高さなら、いいんですけれどね。

スコティッシュフォールドは獣医さんたちからも繁殖を反対されていることの多い猫種で、生まれつき骨関節に障害が出やすい子がいるため、繁殖が禁止(もしくは規制)されている国があるくらいです。

そして、このような症状に悩まされている方も数多くもふもふのブログに来ていただきくれてコメントをしてくれています。

励ましのお言葉もいただいております。
皆さん、ありがとうございます!(#^.^#)

「何かいい方法はないのか?」
「なんとか治せないのか?」

誰もがそう思い、そして願うのですが、こればかりは有効な治療方法は今のところありません。

もふの症状もこれから悪くなっていくことを想定していかないとならない、ということです。

ですので、以前より獣医さんから話を聞いていた『アンチノール』というサプリメントをやってみることにしました。

↓アンチノール(サプリメント)
アンチノール(サプリメント)
おやっ、パッケージが犬ではありませんか・・・。

でもご安心を。
猫でも安心して使用可能なのだそうです。

実はもふもふのかかりつけの病院では、もふもふと同じ遺伝性の疾患で苦しんでるスコティッシュフォールドたちが定期的にアンチノールを継続しています。

販売しているところによって価格は異なるかもしれませんが、もふもふの場合は30粒で約3000円、60粒で約5000円、だいたいこのくらいだったかと思います。

獣医さんの中ではちょっと話題になっているとのことで、アンチノールで症状の改善が見られたという症例があったそうです。ただし、これは薬ではなくサプリメントですので、「治る!」とか「良くなる!」といった効果のことは薬事法上使用できない言葉であり、当然絶対的なものではありません。それにまだ経過や症例の情報量が足りません。

とは言っても、今後の症状悪化をできるだけ抑える、トータル的に健康状態を維持する、こういったことが、これからのもふもふには必要なことですので、しばらくは続けてみたいと思っています。

↓アンチノール(サプリメント)の錠剤
アンチノール(サプリメント)の錠剤
将来的には痛み止めで対応する方法もありますが、痛くないからとガンガン飛び跳ねて余計に悪化させてしまう可能性もありますから、できるだけ今からケアして経過を見たいというのが本音です。

もちろんひどい症状には痛み止めでの対応も必要ですよね。

それ以外には、ちょうど爪を切るタイミングでしたので、爪切りもお願いしてやってもらいました。

相変わらず、爪切りの最中は口を開けて苦しそうにしていました。もふもふは巻き爪だというのもやっかいです。

そんなわけで、愛嬌たっぷりフリーダムなもふもふですが、これからはもっと注意深く経過観察していこうと思っています^^/

次はレントゲンかな・・・⇒去年のレントゲン

本日の体重:3.76kg

↓おまけ タイトル:「降りられないからあきらめた」の巻
2989
2986

2 Comments

  1. 匿名

    今回アンチノールを検索してこちらのブログを知りました。
    実は私の家のブリティッシュショートヘア(3歳半)も去年、股関節形成不全症と診断されました。歳をとるにつれて痛みが増して行く事を止める事ができないと獣医さんに言われています。
    それでも痛みはまだまだ先の話と思っていたのですが、この前爪切りに言った時(私の猫も爪切りをかなりいやがります)獣医さんにアンチノールを勧められました。まだ3歳で普段は走ったりジャンプも普通にしているのに、とショックでしたが、「もうすでに痛いはずです」と先生に言われて、なにも気がつかない自分に落ち込みました。

    動物たちは私たちのように痛いと言えないことをもっと理解していこうと、もふもふちゃんと飼い主さんのレントゲンのブログ記事を読んで実感しました。(2014年のアップで古い記事でしたので、こちらにコメントしました)これからも大変だと思いますが少しでも痛みを減らせるようがんばってください。私も減量と(メスなのにすでに体重4.85kgあるんです。。。)筋肉をつけるよう気をつけてゆきます。

  2. 匿名

    うちのマロン(スコティッシュフォールド雄耳折れ)も座ると片方の足が外にはみ出ていました。昨年11月位に急にビッコをひくようになり、みるみる悪化していくので病院に行きましたが、はじめは捻挫かもと言われ様子を見ていました。良くならず、悪くなる一方だったので、必死でパソコンで検索していたら、このブログにたどり着き、慌てて病院に行き、アンチノールを出して頂きました。サプリメントなのでどうかな?とは思っていたのですが、1日1回与えていたら少しマシになった感じでした。定期購入を申し込み、よく説明書を読んだら、2週間は1日2回あげてそれ以降1回にとあり、早速1日2回にしてみたら、ビッコがみるみるうちになくなり、今では走り回れる位。座っても足が外にはみ出なくなりました。本当に驚きです。1日1回に戻して、又元に戻ってしまうかもと不安もありましたが、大丈夫でした。この病気で悩んでる方がいたらすぐに教えてあげたいです。

コメントを残す

*


※名前・メールアドレスは任意、認証コード・コメントは必須になります。
※名前が未記入の場合、「匿名」と表示されます。
※その他ブログに関することはお問い合わせよりお願いします。