足の調子と口呼吸

ちょっと先日の話になってしまうのですが、もふの手足の指の間がアザのような感じになっていて、なかなか治らないので病院へ行ってきました。

普段からどうしても舐めてしまうため、なかなか治らないので、今回は飲み薬をもらって様子を見ながら薬を飲ませることにしました。

でも、それ以上に気になったのが、足の具合が獣医さんが触ってわかるくらいに進行していたことです。

とはいっても、実はもふ、以前より走り回って遊ぶことが多くなり、しかもジャンプ力がUPしているくらいなのです。ジャンプ力UPと言っても猫にしては大したことありませんか・・・^^;

「もしかしたら、足の調子が良くなったのでは!?」って思ってしまいそうですが・・・

ですが、これは決して喜ばしいことばかりではないようです。
獣医さんが言うには、年齢的にも筋力が発達してアクティブな行動ができるようになったとしても、このことが逆に遺伝性の足の症状に負担をかけてしまうからです。

適度な遊びや運動はさせた方がいいでしょうけれど、あまり過激な動きをするようでしたら止めてやるのも、もふの将来のために必要なことのようです。。

う~ん、アクティブな動きがマイナスになることもある・・・か。。

あと、その元気のせいか、突然口呼吸をしだして苦しそうにしたときがありました。

もふの口呼吸は最近何回かありました。

猫は口呼吸をすることはまずありませんので、あまりいいことではありません。
夏バテや過剰に走り回ったことも原因のひとつかもしれませんが、もふのようなタイプのスコティッシュフォールドは心臓も気を使ってやる必要があるので、口呼吸をしだしたときは必ず病院で診断を受けることを考えていました。

あと、毛抜けの時期でものすごく毛が抜けます。これももふの場合、体が決して強くないので、毛をきちんと取ってやらないと詰まらせて苦しめてしまうと良くないので、気をつけています。

すぐに病院に行って良かったです。かかりつけの獣医さんからいろいろと話を聞くことができましたので。

心配事は耐えませんが、こちらがナーバスになりすぎるのもかえって良くないですからね。
それに愛嬌たっぷりのもふもふには、これしきのことで負けないように楽しく過ごしてほしいですね^^/


現在の体重;3.8kg
食欲が減ってたので体重が減ったかと思ったら変化なし。
足のことを考えて、このくらいの体重をキープしていきたいところですね~

↓もふの手。もふは手足の指を触られるのは好きじゃないんでアザはわかりにくいです。。
2348

コメントを残す


※名前・メールアドレスは任意、認証コード・コメントは必須になります。
※名前が未記入の場合、「匿名」と表示されます。
※その他ブログに関することはお問い合わせよりお願いします。